ビギナーズラックからパチンコにハマりました

私は元々ギャンブルは興味がありませんでしたが、彼氏に連れられて甘デジのパチンコを打つと5000円ほどで初当たりしてそこから連続で大当たりを引き1日で3万円ほど勝ってビギナーズラックを経験しました。

初代倖田來未を打ったのですが演出が面白くて大当たり中は楽曲も聞けるしサクサクと勝てる感触がたまらなくて気づけば1人でもパチンコ屋に入るようになりました。

やはり倖田來未狙いで打ちましたがワンコインでサクッと大当たりを引いてそこから当たりが続き美味しい思いをして私は引きが強いのだと思い込みだしました。

それから無難な甘デジに飽きてミドルスペックでもっと勝ちたいという欲望がでてきて大海物語を打ち出しましたがそれがサッパリと当たらずに気づけば千回転を上回りだして何万円も負けてるのに引き返す事ができず結局単発で大負けをして悔しい思いをしました。

アルバイトの収入だけではパチンコを打つのはハイリスクだったので1円パチンコで大人しく楽しんでいましたが例え1円でもギャンブルに変わりがなく1万円負ける日もありました。

そして4円パチンコを打ってミドルスペックの大海物語を打っていると確変を引いて調子良く連チャンしましたが確変中に閉店になり取りこぼしをして悔しい思いもした事があります。

自分の中で唯一勝てたと思えたのはハイスペック台でしたが3万円近く投資して1度大当たりを引いて8万円ほど換金して五万円ほど勝てたのが最高の勝ちでした。

本当は足元にドル箱を沢山積んで何万円も勝ってみたかったのですがその夢は叶わずにギャンブルから足を洗いました。

最近はパチンコの勝ち方を勉強してからにしようと考え、現在勉強中です。

楽して大もうけとはいかない庶民の遊び

若いころ、学生時代は時々パチンコをしていました。ある程度元手をバイトなどでできると、増やすことができるかもしれないという思い出していました。考えてみると、大学に入学して初めてパチンコをしたときそれなりに勝つことができ、そのお金で炊飯器を買うことができたという、今の若者にしてみれば炊飯器は生活をスタートする時点で当然あるものと思われるかもしれませんが、私はなかったのです、その思い出があったため、のめりこむというほどではありませんでしたが、手っ取り早くお金を稼ぐために時折パチンコをしていたとき行い、でもそんな時は負けることが多かったように思います。それよりもいやなことがあってそれを忘れたいとき、勝ち負けはともかくとして、憂さ晴らしのために行ったことも多かったような気がします。パチスロと言われる人たちの世に出ている物語を読んだり聞いたりしていると、「儲け」という意味ではその労力を株やネットビジネスにかけて成功したほうがはっきり言ってとても大きな収入になると思います。パチンコ屋さんがやっていけるのは、負ける人がいるからあるのであって、みなが買っていたら業界そのものが成り立たないので、遊びということをわきまえていないと普通の人はやめたほうがいいと思いっています。

パチンコって何だかんだ言って面白い

私は最近いろいろな用事があったりしてパチンコ店には2ヶ月以上通ってはいないんですが、それより前には毎週のように通っていました。特にパチンコで儲けたというわけでもなく、むしろ負けているばかりだったのにもかかわらずです。

こういう人を通常は「パチンカス」とでも言うのでしょうか?

そうです、私は少し前までは立派なパチンコ廃人、パチンカスだったのです。ただパチンコ店に行っていないだけで、今も時間があるとスマホゲームでスロットを回すということをまだしているというクズ具合。

今って、スマホの無料アプリでも本物そっくりの挙動や、演出を体験できるんですね。

こういうこともあって自分は大分パチンコ店に行きたいなと思うことが少なくなってきました。(時間もないということもあるが、そこまで自由に使えるお金が少なくなった)

通っていた時にはマイホとか呼んでいたり、サブホとか言っていたパチンコ店も今は特に気にならなくなるほどの進化?です。パチンコは確かにお金を稼げるものかも知れませんが、失うもののほうが大きいと最近になって気がついてきました。

その点、スマホのアプリなら安く(むしろ無料で)楽しめるのでオススメです。借金してまで打つぐらいならスマホのアプリで我慢してはいかがでしょうか?

私は今はパソコンに興味を持ち出したので、新しいパソコンを自分で組んでみようと計画しています。ぜひ、新たな扉を開きましょう!

パチンコ機種牙狼で大勝ちした時

あれは千葉県東金市で一人暮らしをしている時のことでした。

ちょうど仕事が休みだったのでふらっとパチンコ屋に行った。

最初はスロット2027Ⅱを打っていて勝ちもせず負けもせず微妙な結果でやめた。

何気なく座ったのが牙狼でした。その時の牙狼は一番最初の牙狼です。

初当たりしたのが2500円でした。牙狼の初当たりでは低資金で当たったのは初めてでした。

どうせ魔戒チャンスも行かずキバに負けて終わるだろうと思いました。

それがなんと魔戒チャンスに行きました!それで続けばいいと思いながら打っていました。

そしたらなんと続きました。どのくらい続いたというとまず15連ぐらい牙狼が一回も倒れませんでした。

一回も倒れないってことはあるのかと思いました。一回も敵の攻撃は当たらず敵の攻撃を避けてまたシンボルがでたりと当たり続けました。16連からは少し敵の攻撃を食らいましたが復活は必ずしました。

また味方の助っ人もあり、全部助っ人が出て23連でエンディングを見ました!エンディングを見たところでもう満足ですが牙狼はまだ当たり続けます。30連ぐらい続いたところで牙狼が敵の攻撃を食らい続けました。もう終わると思ってたら案の定終わりました。その時はパチンコで初のドル箱をして周りの人が自分の後ろを通る度にちらちらと見てきました。その時の瞬間が快感でした。勝ち金は換金して20万勝ちでした。一気に大金が来たのですぐ受けとって帰りました。

これがパチンコ牙狼で大勝ちした時の体験談です。

引きが弱すぎる自分が情けないです

昔の彼氏がパチンコが大好きでした。

私も連れられて打つ事がよくありましたが、不思議な事に2人で打つとことごとく負けてばかりで色んな店をあちこち行きとにかく負けた額を取り返そうと必死でした。

彼は1人で打つと勝つ事が多く私に大海物語で5万勝ったとかよく自慢をしてきましたがその勝ったお金でまた打ちに行こうと約束をしていざ打つと二人共調子が悪くなり何をしてもうんともすんとも言わず気づけば千回転超えなんてよくありました。

当たりをずっと引けずにイライラし続けて違う台に座ると自分が打っていた台に誰かが座り気づけばすぐに大当たりを引いて調子よく連チャンしていたなんて事はザラでした。

大勝ちした経験はスロットの北斗の拳で一度だけありましたが大負けして悔しい思いをした事は数知れずあります。

ギャンブルも才能があるのかなと思うくらい知り合いでしょっちゅう勝っている人は羨ましいくらい勝っていました。

自分は打てば打つほど負けてばかりで単発ばかり引いてはイライラしてばかりで空回りし続けました。

自分はずっと打ち続けているのに隣に座った人がすぐに大当たりを引いては隣の台が気になってばかりでますます大当たりを引けない自分にイライラしました。

甘デジを打って数千円勝ちという経験ばかりでドル箱をズラッと並べれるほど勝てた事がないので死ぬまでにその夢が叶えばいいのにと思います。